03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

面白い考え方☆

2010年04月27日
久々に、、というか初めてくらいに写真のないダイアリーカテゴリーです!
文才なくてた~いへんに申し訳ないですが、読んでもらえたら嬉しいです



最近、友人から面白い考え方の話を聞きました。
友人がアメリカに滞在していたときに習っていたピアノの先生のおうちには猫さんがたーっくさんいたそうで、その話は当時のやり取りでよく聞いていたのですが。
先日友人から初めて、『その猫ちゃんたちはぜーんぶ里親として飼っていたんだよ、言わなかったっけ?!』という話を聞きました。

そしてその流れで聞いた面白い話。。。
ある日、先生の18歳の猫ちゃんが亡くなってしまったそうです。
たまたま友人のレッスンの時間の何分か前に亡くなってしまったそうで連絡が間に合わず友人はおうちに行ってしまったのですが、たいそう悲しみうろたえている先生は友人を見て『ごめん今日はレッスンは出来ないのだけれど、ちょっとそこで待ってて』と言われたそう。待っていると先生は1本の電話をかけて、『○○(18歳の猫ちゃんの名前)が亡くなったんだ。新しい猫を受け入れる準備ができたということだから手配してください』という内容の電話をしていたそう。



『新しい猫を迎える準備ができた』・・・・私はその発想にかなりの衝撃を受けました。
1つの命がなくなったことがまた新しい命を迎える準備ができたということ。。。。。それは18年間生きてきたその亡くなった猫ちゃんに感謝をする意味でもあるのではないかと思いました。
最初は衝撃を受けたけれど、そのうちひどく納得してほっとしてしまって。。



ブラッキーが亡くなって、悲しむことも上手にできないまま、ひたすら真っ白なまま、マーナを我が家に迎えました。それからも1年くらいは正直マーナのことをかわいいと思えなかった気がします。ただただ目の前にある命に向き合って、ひたすら育てるのに必死でした。
自分の気持ちに正直に向き合うのも面倒くさくて、ブログにはきちんと書いていなかった気がします。
でも、なんだかやっと楽になれたような気がしました。
とても素敵な発想だなと思いました。
正直6匹はけっこう大変なので、このあと誰かが亡くなった時にすぐにまた飼うかと言われたらちょっとわからないのですが、でもとりあえずまずはマーナを飼ったことにたいしては自分の中で整理がついた気がします。友人のおかげです!


そのピアノの先生は数年前に亡くなってしまい、そのたくさんいる猫ちゃんたちは相方さんが引き取ったらしいのですが、そういう考えを受け継いでゆくことって素敵だなあと思います。
もしかしたら賛否両論あるかもしれないけれど、世の中にきりがないくらいたくさんの命が家族を待っていることが最近身近になった今、本当にタイムリーな話題でした。
スポンサーサイト
ダイアリー♪ | コメント(8)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。